頑固な便秘を改善する為にウォーキングよりも腹筋運動がお勧めな理由

辛い便秘を解消する為に薬やサプリメントを使用している人も多くいます。 しかし薬はあくまで対処法であり、自然なお通じの為には便秘体質を改善することが大切です。 便秘体質を改善する為に運動を取り入れる際には腹筋を鍛えると良いと言われ、その理由は以下の通りです。

■腹筋の力でスムーズなお通じ

お通じがあるのは、便が直腸近くまで送られて来た時に下腹部の筋肉の力で押し出せるからです。 腹部の中心には「腹直筋」を含めたお腹の筋肉があり、いきむことにより腹圧でお通じを行うのです。 ところが筋肉は加齢により段々と衰えていくもので、腹筋が弱くなると腹圧をかけることができずにお通じが出なくなります。 高齢者に便秘が多いのは筋力の低下が原因であることが多く、便秘を解消する為には日頃から腹筋を鍛えておく必要があるのです。

■内臓下垂を防ぐことができる

お腹周りの筋力が低下すると、内臓が重力に耐えられず下がってきます。 普段運動不足な人が下腹ポッコリになってしまう理由として、筋力低下による内臓下垂が挙げられます。 内臓が下がれば腸が圧迫されて、便の通りが悪くなります。 特に女性はデスクワークが多かったり、ダイエットにより身体全体の筋力が低下している人が多いので、内臓下垂になり、便秘症になり易いのです。

■血行が良くなることで腸が活性化する

腹筋を鍛えると交感神経が刺激されて身体の機能が活発になります。 胃腸はもちろん、内臓関係の働きには自律神経が大きく関わっていて、腸が刺激されればお通じが起き易くなります。 じっとしているよりも歩き始めたらお通じがあることが多いのは、腸の運動が活性化されるからです。 腸を運動し易い状態にする為にも常に腹筋は鍛えておいた方が良いでしょう。

■便秘を解消するのに良い運動とは

便秘を解消する為に、ウォーキングなどの有酸素運動が良いと言われています。 しかし実際に腸の働きを良くする為には有酸素運動だけではなく、腸自体を刺激する必要があります。 腹筋はお腹周りにある筋肉ですので、鍛えることにより腸へ直接的な影響を与えることができます。 便秘を解消したいと思ったら、腹筋を鍛える運動である筋トレをした方がより早く効果が期待できるのです。

今頑固な便秘で悩んでいる人は薬に頼ることも必要ですが、その傍らで自分の力で排便できる様にしていくことが大切です。 腹筋を鍛えて身体の排便機能をサポートできる態勢を整えていくことで、いつか自然なお通じが出来る様になることでしょう。

便秘を改善するためには睡眠も改善を

便秘の原因の一つに、睡眠不足が挙げられます。 しっかり睡眠をとらないと、自律神経がおかしくなってしまうからです。 また、睡眠をしっかりとらないことで体調が悪くなったりストレスがたまって便秘になるということもあります。 ですので、睡眠をしっかりとることで便秘は十分に予防出来るのです。 ですが、忙しくて中々しっかりと睡眠をとれないという人もいることでしょう。 もちろん、ある程度の睡眠をしっかり確保するに越したことはありません。 ただ、そうしようと努力しても、上手く寝付けなかったり途中で起きてしまったり、早く起きてしまったりということはありえます。 十分寝たから早めに目覚めたというのなら良いのですが、そうでない場合はやはりしっかり眠っていなければいけないわけです。 より良い睡眠は。対処法がしっかりはまれば、すぐにでも手に入れることが出来ます。 ですが、多くの人に合う方法が自分に合うとは限りませんし、逆に、あまり効かないと言われている方法でも自分に合う可能性は十分にあります。 ではより睡眠をとるために何をしなければいけないかというと、まずは自分の生活を見直すことです。 寝る直前までパソコンやスマホを見ていれば、それはすんなり眠れるはずがありません。 せめて寝る一時間くらい前になったら、消してしまいましょう。 また、寝る前にルーティンを作っておくことも大事です。 例えば、寝る体勢に入ったのにいつまでも寝ないでゲームをしたり色々していると、寝ようとしても中々眠ることは出来ません。 ベッドに入ったら数分読書して寝る、横になってラジオを一本聞いたら寝るなどして習慣づけておくと、それを身体が覚えてだんだんすんなり眠れるようになってきます。 人によって良い方法というのは違うと思いますが、自分なりに良い方法を見つければ後は楽になります。 もちろん、たまには寝れない日もありますが、人間ですからそういうときはあります。 それでも、いい睡眠がとれる日が増えれば、それに越したことはありません。 よく眠れば、寝ている間に腸もしっかり仕事をしてくれます。 規則正しい生活を心がければ、腸もいい働きをしてくれるようになります。 睡眠というのは、なめていると大変です。 睡眠を改善する方法というのは色々あるので、諦めずに試してみることが大事です。 いっそ、枕を変えてみるなど思い切った行動に出てみるのもありです。 変えようとする努力をすれば、それが睡眠にも反映されることでしょう。

ストレスからくる便秘を改善、または予防するために

便秘というと腸内環境が原因と思う人もいるかもしれませんが、ストレスだって大きな理由になるのです。 もちろん、便秘の人が全員ストレスで便秘になっているわけではありません。 ただ、ストレスのような精神的なものも十分原因になりうるのです。 ですが、言ってしまえばストレスを解消さえすれば、便秘が綺麗に治る可能性は十分にあるのです。 ですので、便秘を治すというよりは、ストレスのほうをなんとかするということを重点に置いたほうが、より早く便秘が治るかもしれません。 では何をすれば良いのかというと、これに関しては人それぞれ違ってきます。 何がストレスなのかを知るということも重要です。 ですが、ストレスがあったとしてもそれをストレスだと認識出来ない場合も、無い訳ではありません。 その場合は、精神的にはなんともなくても、身体に異常が出てしまうことがあります。 もし精神的にストレスを感じていなくても身体に何か異変があれば、ストレスがあるんだなと思うようにしてください。 では、その場合どうすればいいのかというと、やはり効果的なのは良い睡眠です。 しっかり寝ることで身体にかかっているストレスも軽減されます。 とは言っても、長く寝たからといって質が悪いと結局意味がありません。 質の良い睡眠をとることが大切になってくるわけです。 ですが、そのためにはまずしっかり寝ないと話になりません。 まず、いつもより早めに寝ることから始めてみましょう。 もちろん、睡眠で解決すればそれに越したことはないのですが、それだけでは改善しない場合も十分考えられます。 そのときは、ストレスがたまったときに今までの自分はどうしていたか、どうすればリラックス出来ていたかを考えるのです。 お風呂に入る、アロマを炊く、クラシックを聴く、読書をするなど、人によって全く違ってくることでしょう。 自分なりのストレス発散方法を見つけ、ストレスをためないように心がけるのが便秘予防にもなるのです、 ストレスがない生活というのはほぼ不可能ですが、ためないようにすることは十分可能です。 ストレスがためながら生活している自分かっこいいと酔っていてはいけません。 ストレスをためていることは、別にかっこいいことではありません。 むしろ、ためないで発散して頑張っているほうがより良い生活を送れることと思います。 そうなれば便秘ともさよなら出来ますし、精神的にも身体的にも自分のためになるのです。 まずは少しずつ試してみてください。

乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌 乙女の乳酸菌

このページの先頭へ